【超初心者向け】新規プロジェクトファイル設定項目について【Premiere Pro動画編集】

かふたろう

今回は、Premiere Proの動画編集プロジェクトの作成方法などを
ご紹介します!

目次

プロジェクトの作成

過去に作成したプロジェクトの開き方および、新規プロジェクトの作成方法について、ご紹介します。

過去に作成したプロジェクトの開き方

Premiere Pro立ち上げ後は、以下の画面が表示されます。

過去のプロジェクトの開き方は、「プロジェクトを開く」をクリックし、プロジェクトを選択すればOKです。

「最近使用したもの」には、直近で作業をしていたファイルが表示されます。編集の続きなどをしたい場合は、そちらから開くこともできます。

過去のプロジェクトの開き方

 

また、ファイルを直接ダブルクリックすることによって、開くことも可能です。

直接、プロジェクトを開く方法

 

かふたろう

プロジェクトを開く際の注意点として、以前作成したファイルを消去した場合、当然ですがファイルを開く事はできませんので、
ファイル管理には、お気をつけください!

新規プロジェクトの作成

新規でプロジェクトを作成する場合は、「新規プロジェクト」をクリックします。

「新規プロジェクト」を選択

 

名前と保存場所は、任意で設定します。

名前と場所の設定

 

かふたろう

次に、各種設定についてご紹介します!

一般

レンダラーとは、編集中のプレビューなどを行う処理を指します。

レンダラーは、「GPU高速処理」が表示されている場合は、それを選択することをオススメします。

理由としては、GPUによる処理の場合、パソコン動作の負担軽減効果があるためです。

また、ビデオ・オーディオ・キャプチャについてはデフォルトのままでOKです。

一般の設定

 

スクラッチディスク

スクラッチディスクの設定については、基本的にすべてデフォルトままでOKです。

スクラッチディスクの設定

 

ここで、スクラッチディスクの設定項目の一つである、プロジェクトの自動保存について、少し説明します。

デフォルト設定の場合、プロジェクトの保存先に「Adobe Premiere Pro Auto-Save」というフォルダが作成されます。

このフォルダを開くと、プロジェクトがいくつか保存されています。

「Adobe Premiere Pro Auto-Save」フォルダ

自動保存されたプロジェクト

 

これらのファイルは、ソフト自身の自動保存により作成されたもので、突如ソフトが落ちたり、フリーズしてしまったときのバックアップとして使用できます。

また、前の編集内容に戻したいときなどにも、使用できます。(自動保存間隔の変更も可能)

 

インジェスト設定

インジェスト設定については、基本的にはチェックは入れなくてOKです。

インジェスト設定

 

チェックを入れた場合、素材の元データのバックアップが自動的に行われます。(上記の、プロジェクトの自動保存と同じ感じです)

ただ、パソコンに対する負荷や容量圧迫がめちゃくちゃ大きくなるので、常に元データのバックアップを取りたい等以外の場合は、チェックは入れなくてOKです。

チェックを入れた場合の注意点

 

すべてのインスタンスのプロジェクト項目名およびラベルカラーを表示

画面の一番下にある、こちらの項目のチェックについては、どちらでもOKです。

チェックを入れた場合、素材のラベルカラーの変更が可能になります。

チェックはしてもしなくても、OKです

 

かふたろう

上記の設定が完了し「OK」を押せば、プロジェクト作成完了です!
次は、シーケンスの作成方法や、ラベルカラーの変更方法などについて
少しご紹介します!

プロジェクト作成後のメイン画面

シーケンスの作成

シーケンスの作成方法はいくつかありますが、素材をタイムラインにドラッグ&ドロップすると、素材の形式に合った設定のシーケンスが、自動的に作成されます。

素材のドラッグ&ドロップによる、シーケンスの作成

 

ラベルカラーの変更

プロジェクト作成時に、「すべてのインスタンスのプロジェクト項目名およびラベルカラーを表示」にチェックを入れた場合、以下のようにラベルカラーの変更が可能になります。

ラベルのデフォルトカラー

  

変更方法は、素材の上で右クリックし、「ラベル」→任意のカラー(ここではイエロー)を選択すればOKです。

ラベルカラーの選択

ラベルカラーの変更完了

 

シーケンスの予備知識

一つのプロジェクトにシーケンスは複数作成でき、シーケンス間の素材のコピーも可能です。

コピーのやり方としては、新規シーケンスを作成した上で(今回の名前は「シーケンス01」)、素材をコピー先のシーケンスへドラッグします。

素材を、コピー先のシーケンスへドラッグ

すると、このような表示になります。

コピー先のシーケンス画面

 

そして、コピー先のシーケンスにおいて、設置したい場所までドラッグ&ドロップすればOKです。

設置したい場所まで、ドラッグ&ドロップ

コピーが完了

 

かふたろう

今回の内容は、これにて終了です!
いかがだったでしょうか?

次回は、シーケンスの作成方法などについてご紹介します!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる