【初心者向け】レガシータイトルでテロップを高速で入れる方法【Premiere Pro】

かふたろう

今回ご紹介する内容は、
テロップ数が多い&デザイン性が高い動画を作りたい方や、
実写・ゲーム実況チャンネルの、編集に時間がかかって困っている方、
編集代行のお仕事をしている方にも役立つかと思います!

<本記事の前提条件>

・レガシータイトルのデザインパターンが、既に登録されていること

 

目次

原本の作成

まず、テロップの原本を作成します。

「ファイル → 新規 → レガシータイトル」の順に選択し、レガシータイトルの画面を立ち上げます。

レガシータイトルの設定画面

 

立ち上げますと、以下のような画面が表示されます。

レガシータイトルの画面

 

次に、以下のように任意のテキストを入力し、レガシータイトルを作成します。

テキストの入力

レガシータイトルの保存場所

 

Tips:フォントを固定したまま、デザインだけを変える方法 (動画の2:50あたり)

フォントを決めた後に、使用したいデザインを、

Windowsの場合は[Alt](Macの場合は[Option])を押しながらクリックすると、

フォントは変わらず、デザインだけを変更できます。

 

覚えていただきたいポイント

レガシータイトルの特徴として、クリップをカットしてもコピーが作成されません(1つの素材のまま)。

そのため、1つのクリップの内容を変更すると、その他のクリップの内容も同時に変更されます。

レガシータイトルの特徴

 

そこで、レガシータイトルのコピーを作成するオススメのやり方は、

「対象となるクリップを選択し、Windowsの場合は[Alt](Macの場合は[Option])を押しながらドラッグ&ドロップする」

という方法です。

この方法は複数のクリップに対しても有効であり、コピー元が1つの素材であっても、複数の独立したコピーファイルが作成できます。

複数のコピーを一度で作成する方法

 

レガシータイトルを使ってテロップを作成する

上記のコピー方法を活用しつつ、テロップを作成していきます。

テロップ作成の際、スプレッドシート(もしくはExcel)も同時に使用します。

テロップ作成の大まかな流れは、以下になります。

 

  1. スプレッドシートとPremiere Proを横並びにする
  2. レガシータイトルのクリップを伸ばす
  3. テキストの上限値を確認する
  4. トークの区切れ(オシリ部分)に編集点を追加し、トーク内容をスプレッドシートに記入する
  5. カットされたクリップをすべて選択し、Windowsの場合は[Alt](Macの場合は[Option])を押しながらドラッグ&ドロップし、コピーを作成する
  6. 各コピーファイルに、文字起こし内容を入力する
  7. 各テロップの開始位置(アタマ部分)を合わせる

 

かふたろう

では、一つずついきましょう!

スプレッドシートとPremiere Proを横並びにする

僕の場合ですと、左側にスプレッドシート、右側にPremiere Proを配置することが多いです。

各ウィンドウの配置

 

レガシータイトルのクリップを伸ばす

テロップをつけたい範囲まで、クリップを伸ばします。

クリップ長さの調整

 

テキストの上限値を確認する

画面からテキストがはみ出すのを防ぐために、あらかじめ上限値を任意で決めます。

テキスト上限値の確認

 

レガシータイトルで確認したテキストの上限値を元に、スプレッドシートの列の幅を調整します。

スプレッドシートの列幅の調整

 

 

かふたろう

いよいよここから、テロップ作成作業になります!

トークの区切れ(オシリ部分)に編集点を追加し、トーク内容をスプレッドシートに記入する

Premiere Pro上で動画を再生し、トーク内容を確認します。

トークの区切れ(オシリ部分)に編集点を追加した後は、スプレッドシートに移動し、トーク内容を記入します。

編集点を追加と、文字起こし

Premiere Proとスプレッドシートを行き来する際は、以下のショートカットを使うとスピーディーにウィンドウを切り替えられます。

[Win] :Alt + Tab

[Mac] :Command + Tab

 

カットされたクリップをすべて選択し、Windowsの場合は[Alt](Macの場合は[Option])を押しながらドラッグ&ドロップし、コピーファイルを作成する

一通りカット&文字起こしが完了した後は、本記事の序盤に紹介しましたコピー方法を使用し、コピーファイルを作成します。

コピーファイルの作成

 

コピーファイルが作成できた後は、コピー元のファイルは不要なので消去します。

コピー元ファイルの消去

 

各コピーファイルに、文字起こし内容を入力する

コピーファイルへ、文字起こし内容をひたすら貼り付けていきます。

同時に、誤字脱字などが無いか、チェックもしましょう。

ファイルへの、テキスト貼り付け

 

各テロップの開始位置(アタマ部分)を合わせる

すべてのテキストの貼り付けが完了した後は、動画を再生しつつテロップの開始位置を調整します。

テロップの開始位置の調整

 

同時に、テロップデザインも調整すると、編集時間の短縮にもつながります。

テロップデザインの調整

 

かふたろう

お疲れさまでした!
こんな感じで、テロップを高速で作成していきます!
テロップが完成した後に、エフェクトをかける等して、
動画のクオリティを上げるのも、もちろんアリです!
 
効率的なテロップ作成術は、レガシータイトルの他にも、
エッセンシャルグラフィックスや、Photoshopを使った方法もあります。
それらの方法は、また別記事で紹介します!

動画のクオリティを保ちつつ、編集時間の短縮を目指していきましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる