【初心者向け】クリップ整理術!ラベルカラーを設定する方法【Premiere Pro】

かふたろう

今回は、Premiere Proでの、ラベルカラーの変更方法と、クリップ整理方法についてご紹介します!

目次

はじめに

例えば、複数人への長時間のインタビュー動画において、誰がどのタイミングで発言したかを明確にしたい場合、ラベルカラーを設定することで、一目で分かるようになります。

では早速、ラベルカラーを設定していきましょう。

タイムラインでのラベルの変更方法

ラベルカラーを変更したいクリップを選択し、右クリックします。

そして、「ラベル」をクリックし、任意の色を選択すればOKです。 

「ラベル」をクリックし、任意の色を選択

クリップの色が変わりました

 

ラベルカラーの名前と色の変更

ラベルカラーの名前と色は、任意でカスタマイズできます。

「編集 → 環境設定 → ラベル」の順に選択すると、以下のようにラベルの設定画面が表示されます。

「編集 → 環境設定 → ラベル」の順に選択

ラベルの設定画面

 

この画面で、名前と色を変更していきます。

 

名前の変更

以下のように、名前の部分をクリックすると、入力することができます。

名前の入力

 

今回は2つのラベルをそれぞれ、「強調:赤」、「強調:黄色」という名前に変更します。

名前を変更

 

かふたろう

名前付けのポイントとして、「名前だけでどんなラベルかが、分かる」ようにするのがオススメです!

次は、色を変更しましょう!

 

色の変更

以下のように、ラベルのカラー部分をクリックすると、カラーピッカーが立ち上がります。

カラー部分をクリック

 

そして、任意の色を選択し、「OK」をクリックすると、色が変更されます。

任意の色を選択

色が変わりました

 

ラベルの初期設定

Premiere Proには、クリップの種類ごとに、あらかじめラベルが設定されています。

ラベルの初期設定

 

設定の確認のため、ムービーをプロジェクトパネルに読み込ませましょう。

先程のラベル設定の通り、ムービー(オーディオとビデオ)のラベルは、自分でカスタマイズした「強調:黄色」というラベルになります。

ムービーの読み込み

そして、タイムラインに読み込ませると、変更した色で表示されます。

設定したラベルカラーで表示されます

 

かふたろう

各クリップが、自分好みの色で表示されていると、分かりやすく&編集も楽しくなりますね!

次は、効率的にラベルカラーを設定する方法をご紹介します!

 

効率的にラベルカラーを設定する方法

ここでは、キーボードショートカットをいくつかご紹介します。

キーボードショートカット①(ラベルの設定)

まず、「編集 → キーボードショートカット」の順に選択し、キーボードショートカットの設定画面を開きます。

「編集 → キーボードショートカット」の順に選択

キーボードショートカットの設定画面

 

今回は、テンキーの1に「強調:赤」を、テンキーの2に「強調:黄色」を割り当てます。

※割り当てるキーは、任意でOKです。

割り当て先のキー

 

まず、先程設定したラベルの名前を、検索窓に入力します。

「強調:赤」という名前を設定したので、「赤」と入力します。

すると、検索結果にラベルが表示されます。

検索窓への入力

該当するラベルのショートカット欄をクリックし、テンキーの1を押せば、割り当てられます。

テンキーの1を押します

 

同様に「強調:黄色」のラベルについても、以下のようにテンキーの2に割り当てます。

テンキーの2へも、割り当てます

 

キーボードショートカットの割り当てができたので、「OK」をクリックすれば完了です。

「OK」をクリックし、設定完了

 

では実際に、試してみましょう。

任意のクリップを選択し、テンキーの1を押すと、ラベルが赤色に変わります。

任意のクリップを選択

赤色に変わりました

 

テンキーの2を押すと、黄色に変わります。

黄色に変わりました

 

キーボードショートカット②(クリップの選択、再生バー移動&クリップ選択)

次に、マウスを使わずにクリップ選択できる、キーボードショートカットをご紹介します。

デフォルトでは、[d]キーを押すと、再生バーに重なっているクリップが、選択されます。

再生バーに重なっているクリップが選択されます

 

※注意点として、以下のように、選択されていないレイヤーのクリップについては、[d]キーを押しても選択されません。

選択されているレイヤーに対して適用されます

 

次に、再生バー移動&クリップ選択というキーボードショートカットですが、デフォルトでは以下になります。

・[Win] : [Ctrl]キー + ↑ or ↓

・[Mac] : [Command]キー + ↑ or ↓

 

↑:前のクリップを選択

↓:次のクリップを選択

 

以下、このキーボードショートカットを使用した例です。

キーボードショートカットを押すと…

次のクリップが選択されます

 

上記のキーボードショートカットは、[Ctrl]キー(Macは、[Command]キー)を押しながらの作業になるため、これを頻繁に使う方は、押しやすいキーボードショートカットに変更するのもアリです。

今回ご紹介したキーボードショートカットを併用することで、マウスを使わずに次々とクリップを選択し、ラベルを設定できます。

その結果、さらなる効率化につながります。

 

かふたろう

お疲れさまでした!

ラベルを自分なりに設定し、クリップを整理することで、快適な編集環境につながると思いますので、ぜひ試してみてください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる