【超初心者向け】編集後YouTube向けに動画を書き出しする方法【Premiere Pro動画編集】

かふたろう

今回は、Premiere Proで、YouTube向けの動画を書き出す方法についてご紹介します!

 

<前提条件>

・動画編集が完了した状態であること

 

目次

書き出し方法

まず、「ファイル → 書き出し → メディア」の順に選択し、書き出し画面を立ち上げます。

「ファイル → 書き出し → メディア」の順に選択

 

以下のショートカットでも、立ち上がります。

・[Win] : Ctrl + m

・[Mac] : Command + m

 

形式は「H.264」を選択してください。

形式は「H.264」を選択

 

プリセットは「YouTube 1080p フルHD」を選択してください。

プリセットは「YouTube 1080p フルHD」を選択

 

出力名および出力先は任意で設定してください。

出力名をクリックします

任意の名前・保存場所を設定

 

主に使うタブ

書き出し設定において、主に使うタブは、ビデオ、オーディオ、パブリッシュになります。

基本的にこれらは、変更する必要はないです(プリセットを選択した時点で、設定されるため)。

その中でも変更するとしたら、ビデオ・オーディオのビットレート設定になります。

 

ビデオのビットレート設定

以下のように、ビデオのビットレート設定において、1パス、2パスというのは、エンコード回数を表しています。

2パスの方が画質は良くなりますが、その分書き出しに時間を要します。

ビットレートをクリック

1パスもしくは2パスを選択

 

ターゲットビットレートは、書き出し後の画質をそこまで求めない場合でしたら、10MbpsでもOKです。

ターゲットビットレート

 

オーディオのビットレート設定

以下のように、ビットレートを選択することで音質を変更できます。

一般的に、192〜320が使用されます。

オーディオのビットレート設定

 

ビットレートに共通する設定

ビデオビットレートとオーディオビットレートに共通していることは、「元動画の品質以上の設定をしても、意味がない」という点です。

そのため、同等レベルのビットレート設定をオススメします。

 

パブリッシュ設定

YouTubeという項目にチェックマークを入れ、諸々の設定をした上で書き出すと、書き出し完了と同時に、自動的にYouTubeへアップロードしてくれます。

YouTubeという項目にチェックマークを入れます

YouTubeと連携させるための諸設定

 

設定時の注意点として、公開設定は基本的に「非公開」をオススメします。

理由は、「公開」とすると、YouTube側でのエンコードが完了する前に公開(≒画質設定が良くない状態で公開)されるためです。

そのため、ここでは「非公開」とし、YouTube側でのエンコード完了後に、公開するという流れをオススメします。

「非公開」をオススメします

 

いざ、書き出し

諸々の設定が完了し、「書き出し」をクリックすると、書き出しが開始します。

「書き出し」をクリック

書き出し中の画面

 

書き出し中に、作業したい場合

上記のように「書き出し」をクリックした場合、書き出し中は、Premiere Proの作業は行うことができません。

もし、書き出し中でも作業したい場合は、Premiere Proではなく、Media Encoderというソフト(Premiere Proと同時にインストールされています)で書き出します。

以下、その手順です。

まず、Premiere Pro上で「キュー」をクリックします。

「キュー」をクリック

すると、Media Encoderが立ち上がります。

Media Encoderの画面

右上の▶︎マークをクリックすると、書き出しが開始します。

▶︎マークをクリックすると、書き出し開始

 

このように書き出しを実行した場合、書き出し中でもPremiere Proで作業ができます。

 

かふたろう

補足として、このMedia Encoderを用いた方法を実践する場合、ある程度スペックの高いPCが求められます!

スペック不足の場合、Premiere Proでの作業が重くなりますのでご注意を!

 

一つのシーケンス内で動画分けをする

例えば、長時間の動画でパートを分けて動画化したい場合は、以下のように、インとアウトを設定すればOKです。

まず、動画の開始位置に再生バーを移動させ、タイムラインのタイムコードあたりを右クリックし、「インをマーク」を選択します。

「インをマーク」を選択

インのマークが完了

次に、動画の終了位置に再生バーを移動させ、同様に右クリックし、「アウトをマーク」を選択します。

「アウトをマーク」を選択

すると、以下のように、動画化される部分は灰色に表示されます。

動画化される部分は灰色に表示されます

 

そして、書き出し画面を開くと、以下のように、動画化される部分は青色に表示されます。

動画化される部分は青色に表示されます

 

書き出し設定のプリセット

自分でカスタムした書き出し設定は、プリセット化することができます。

「プリセットを保存」をクリックし、任意の名前を入力した後に、「OK」をクリックすれば完了です。

「プリセットを保存」をクリック

任意の名前を入力し、「OK」をクリック

プリセットの一覧に追加されます

 

かふたろう

お疲れさまでした!

よく使う書き出し設定は、プリセット化しておくと作業効率もupします!

また、書き出し時間をなるべく短縮したい方は、今よりもスペックの高いPCの購入もアリです!

次回は、YouTubeへのアップロードのやり方や、動画データの共有方法などをご紹介します!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる