【超初心者向け】YouTubeへアップや他の人にデータを送る方法【Premiere Pro】

かふたろう

今回は、Premiere Proで書き出した動画を自動的にYouTubeへアップロードする方法や、データを他の人へ送る方法をご紹介します!

 

目次

YouTubeに自動的にアップロードする方法

まず、書き出し画面を立ち上げ、パブリッシュのタブを開きます。

パブリッシュのタブをクリック

 

その中の、YouTubeという項目にチェックマークを入れます。

YouTubeという項目にチェックマークを入れます

次に、サインインします。

サインインをクリック

紐付けるアカウントを選択

アカウント選択後の画面

許可をクリック

 

紐付けが完了したら、以下のようにチャンネル名が表示されます。

紐付けされたチャンネル名が表示されます

 

次に再生リストを選択します。

※この画面では新規の再生リストは作成できないので、新規で必要な場合は、YouTube側で事前に作成しておきましょう。

再生リストを選択

 

タイトルや説明欄へそれぞれ、任意の内容を記入します。

タイトルと説明欄を記入

 

公開設定は基本的に「非公開」をオススメします。

理由は、「公開」とすると、YouTube側でのエンコードが完了する前に公開(≒画質設定が良くない状態で公開)されるためです。

そのため、ここでは「非公開」とし、YouTube側でのエンコードが完了後に、公開するという流れをオススメします。

「非公開」をオススメします

 

タグは、カンマ区切りで複数設定できます。

タグは、カンマ区切りで設定できます

 

次に、サムネイル設定において、「画像ファイルから」を選択した場合は、サムネイル画像を任意で選択すればOKです。

「画像ファイルから」を選択

「ファイルを選択」をクリック

任意の画像を選択

 

パブリッシュのタブの一番下に、「アップロード後にローカルファイルを削除」の項目がありますが、チェックしないことをオススメします。

理由は、バックアップファイルとして残すためです。

チェックしないことをオススメします

 

以上の設定が完了しましたら、「書き出し」をクリックすればOKです。

「書き出し」をクリック

 

自動アップロードを使用する際の注意点として、収益化はOFFになっています。

そのため、収益化したい場合は、YouTube側でONにしてください。

 

かふたろう

次は、書き出した動画などを他の人に共有する方法をご紹介します!

 

動画データなどを他の人と共有する方法

Google Drive

※Googleアカウントを取得済みであることが前提になります。

ブラウザで、「Google Drive」と検索し、以下のようにパーソナル側をクリックするとフォルダが開きます。

パーソナル側をクリック

Google Driveの画面

アップロード先のフォルダに移動し、動画をアップロードします。

動画をアップロード

そして、ファイルを右クリックし、「共有可能なリンクを取得」を選択すると、URLが取得されます。

「共有可能なリンクを取得」を選択

 

共有したい人にURLを送信すれば、その人はURLから動画を確認できます。

 

かふたろう

Google Driveは無料で15GBまで使用できますが、100GB、200GB、2TBなどの有料プランもあります!

容量が足らないと感じた方は、有料プランの検討もアリです!

 

ギガファイル便

ギガファイル便という、無料のデータ転送サービスも便利です。

1ファイル200GBまでという制限はありますが、アップロード後は最大60日間保持され、パスワード機能もあるのでオススメです。

ギガファイル便のトップページ

 

かふたろう

お疲れさまでした!

Premiere ProからYouTubeへの自動アップロードは、特に便利なので、ぜひ一度試してみてください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる