【超初心者向け】動画カット編集ツールのご紹介【Premiere Pro動画編集】

かふたろう

今回は、Premiere Proの基礎的なカットツールなどをご紹介します!

<前提条件>

・シーケンスの作成が完了していること

・動画素材が読み込まれていること

 

目次

カットのアプローチ

カット操作のアプローチは、大きく以下の2つに分けられます。

・ソースモニターにて素材の必要箇所をピックアップ(=不要箇所をカット)し、それをタイムラインに反映する方法

・直接、素材をタイムラインに反映し、タイムライン上でカットを行う方法

 

かふたろう

要するに、ソースモニター上でカットするのか or タイムライン上でカットするのか、という違いです!

それぞれについて、ご紹介します!

 

ソースモニターで必要箇所をピックアップ(=不要箇所をカット)する方法

まず、素材をソースモニターに映し出すために、ファイル名以外の部分をダブルクリックします。

ファイル名以外の部分をダブルクリック

すると、以下のように映し出されます。

ソースモニターへの映し出し

 

ここで、ソースモニターとプログラムモニターの違いを簡単に説明すると、以下のようになります。

各モニターの違い

 

ソースモニターは主に参照用として使用しますが、不要箇所をカットすることもできます。

やり方は、ソースモニター上で必要箇所の開始点と終了点をマークすればOKです。

まず、青いマークを開始点に移動させ、「インをマーク」をクリックします。

インをマークする

インをマークした後

 

次に、青いマークを終了点に移動させた上で、「アウトをマーク」をクリックすればOKです。

アウトをマークする

必要箇所のピックアップが完了

 

必要箇所のピックアップが完了した後は、ソースモニターをクリックし、タイムラインまでドラッグ&ドロップすれば、タイムラインに反映されます。

タイムラインへの読み込み

不要箇所はカットされています

 

必要箇所のピックアップ情報は、プロジェクトパネルの素材にも反映されており、素材を直接タイムラインにドラッグ&ドロップすることで、読み込ませることもできます。

直接ドラッグ&ドロップしてもOKです

 

ただ、インとアウトをマークした場合は、その箇所だけしか読み込めないです。

そのため、再びその他の箇所を読み込ませたいときは、ソースモニター上の再生バーの上で右クリックし、「インとアウトを消去」を選択すればOKです。

イン・アウトマークを消去します

カットされていない状態に戻りました

 

かふたろう

ソースモニター上でカットするシチュエーションとしては、
長時間の動画の中で、必要箇所が一部だけの場合などが挙げられます!

例えば、子供が運動会でゴールテープを切った瞬間だけをピックアップするなどですね!

次は、タイムライン上でカットする方法をご紹介します!

 

タイムライン上でカットする際の基礎的なツール

レーザーツール・選択ツール

「レーザーツール」を選択し、素材(クリップと呼びます)に編集点を追加します。

レーザーツールでカットします

 

そして、カットしたい部分を「選択ツール」で選択し、[Delete]キーを押すと消去されます。

選択ツールによって消去します

消去完了

 

上記のように消去された部分は空白となります。

この空白部分も消去したい場合は、空白部分を選択し[Delete]キーを押せば消去され、間が詰められます。

空白部分を選択し[Delete]キーを押す

空白部分の消去完了

 

間を詰める方法は他にも、以下のような方法があります。

・カットしたい部分を選択し、右クリック→「リップル削除」を選択する

・空白部分ができた状態で、素材を移動させる

・編集点を追加できた状態で、素材を移動させる

カットしたい部分を選択し、右クリック→「リップル削除」を選択する

「リップル削除」を選択

カット&間を詰める作業を、同時に完了

 

空白部分ができた状態で、素材を移動させる

素材を直接移動させます

間を詰めることができました

 

編集点を追加できた状態で、素材を移動させる

上書きみたいなイメージです

間を詰めることができました

 

また、素材のカット方法についても補足します。

以下のように編集点へカーソルを当て、赤い矢印が出た状態でドラッグ&ドロップすることでも、カットができます。

赤い矢印が出ていることを確認

カットしたい部分までドラッグ&ドロップ

カットできました

 

かふたろう

次は、その他の便利ツールについてご紹介します!
無理に覚える必要はなく、ざっくりと各機能についてご紹介します! 

 

その他の便利ツール

前方選択ツール・後方選択ツール

前方選択ツール

「トラックの前方選択ツール」を選択し、任意の場所で素材をクリックすれば、クリックした箇所より後側が選択されます。

ワンクリックで、後側全部を選択できます

 

選択された素材は、そのまま移動することもできます。

まとめて移動できます

 

後方選択ツール

「トラックの前方選択ツール」を長押しすると、「トラックの後方選択ツール」が現れるので選択します。

「トラックの後方選択ツール」を選択

 

「トラックの後方選択ツール」は、クリックした箇所より前側が選択され、同様に移動もできます。

ワンクリックで、前側全部を選択できます

 

リップルツール

「リップルツール」を選択し、以下のように編集点へカーソルを当て、矢印が出た状態でドラッグ&ドロップするとリップル削除ができます。

リップルツールによるカット手順

カットしたい部分までドラッグ&ドロップ

リップル削除の完了

 

ローリングツール

ローリングツールは、異なる2つの素材間の編集点を、変更できる機能を持ちます。

「リップルツール」を長押しすると、「ローリングツール」が現れるので選択します。

編集点にカーソルを近づけた状態で、左右にドラッグ&ドロップすると、編集点だけを移動できます(全体の尺は変わりません)。

「ローリングツール」を選択

編集点にカーソルを近づけます

<右にドラッグ&ドロップした場合>

右にドラッグ&ドロップした場合

 

<左にドラッグ&ドロップした場合>

左にドラッグ&ドロップした場合

 

レート調整ツール

レート調整ツールは、素材の再生速度を変える機能を持ちます。

「レート調整ツール」を選択し、ドラッグ&ドロップすることにより素材の長さを変更します。

「レート調整ツール」を選択

ドラッグ&ドロップにより素材の長さを変更します

 

素材を短くすると再生速度が速くなり、素材を長くすると再生速度が遅くなります。

<素材を短くした場合>

素材を短くすると再生速度が速くなります

 

<素材を長くした場合>

素材を長くすると再生速度が遅くなります

 

また、再生速度を細かく調整する場合は、素材を右クリックし、「速度・デュレーション」を選択すると設定画面が開くので、任意の数値を入力し「OK」をクリックします。

「速度・デュレーション」を選択

任意の速度を設定

 

また、再生速度を変更しても音の高さは変えたくない場合は、「オーディオのピッチを維持」にチェックを入れます。

「オーディオのピッチを維持」にチェック

スリップツール

スリップツールは、素材の位置を変えずに、中身だけを変える機能を持ちます。

「スリップツール」を選択し、対象となる素材を選択した状態で、ドラッグ&ドロップすることにより、中身だけを変えます。

「スリップツール」を選択

<右にドラッグした場合>

中身だけが変わります

 

<左にドラッグした場合>

中身だけが変わります

 

スライドツール

スライドツールは、複数の素材がある場合に、全体の尺を変えずに、素材の位置を変える機能を持ちます。

「スライドツール」を選択し、対象となる素材を選択した状態で、ドラッグ&ドロップすることにより、位置を変えます。

「スライドツール」を選択

位置の変更前

<左にドラッグした場合>

前方の素材は短く、後方の素材は長くなります

 

<右にドラッグした場合>

前方の素材は長く、後方の素材は短くなります

 

手のひらツール

手のひらツールは、タイムラインの位置を変える機能を持ちます。

「手のひらツール」を選択し、タイムライン内で左右にドラッグ&ドロップすると、タイムラインの位置が変わります。

「手のひらツール」を選択

タイムラインの位置が変わります

 

ズームツール

ズームツールは、タイムラインの拡大・縮小ができる機能を持ちます。

「ズームツール」を選択し、タイムライン内でクリックをすると、拡大されます。

縮小は、Windowsの場合は[Alt]キー(Macの場合は[Option]キー)を押しながら、タイムライン内でクリックをすればOKです。

「ズームツール」を選択

<拡大する場合>

拡大時

 

<縮小する場合>

縮小時

 

かふたろう

お疲れさまでした!

カット作業は慣れるまで時間がかかりますが、マスターすると作業効率が大きくupするので、ご自身のペースで練習してみてくださいませ!

次回は、エッセンシャルグラフィックスというツールを用いた、テロップ作成方法についてご紹介します!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる